トップ > エンタメ > AR-M200 発売が12月8日に延期!試聴感想良好も…操作性も気になる!
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


AR-M200 発売が12月8日に延期!試聴感想良好も…操作性も気になる!

2017年11月15日(水) エンタメ

「秋のヘッドフォン祭り2017」にも実機展示され、試聴者の感想も概ね良好だったAcoustic Research社のハイレゾプレーヤー「AR-M200」。11月24日に54,800円で発売としていましたが、ハイレゾ対応イヤホン「AR-E10」「AR-E100」ともども、12月8日に延期になりました。大した日数ではないので、特段大きな不具合やトラブルではないでしょうから、落ち着いて発売を待ちましょう。

AR-M200は海外メーカー製DAPとして初めて、かつ、現在唯一の4.4mmバランス・イヤホン端子を搭載していることが大きな特徴です。試聴感想では音よりも物理キーでの操作に対して使用感を気にする人が多いようでした。

そのほか、内容、仕様についてはこちらでご紹介済みです。
AR-M200 4.4mmバランス端子&aptX HD対応DAP!約5.5万円!

続きを読む


Source: 音響のまとめ

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。