2017年11月15日(水) エンタメ

【その10】

ほんのり

636: 名無しさん 2001/07/30(月) 13:41

10数年前の「人事院月報」という国のお堅い雑誌の、読者欄みたいのに何故かあった。ちょっと怖かったので今でも覚えてます。だいたいこんな話。 

夏休み、一家でサイパンを訪れた。 
深夜、ホテルで皆寝ていたらいきなり電話がかかってきた。寝ぼけ眼で取る。すると、男性の声で「○さんですか?」と尋ねてきた。 

「いいえ、違います…」と答えると電話は切れたが、少したってまたかかってきた。同じ人がまた、「○さんはいませんか?」 と。「違いますっ!」と切った。

まったくこんな夜中に一体…と不愉快。でも旦那も子供も不思議と気づかず、すやすや寝ている。 

ふとベッドサイドに気配を感じ振り向いた。

続きを読む


Source: 【相互】発掘系まとめ

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


<