トップ > エンタメ > プロが教える症状別のど飴の使い分け、覚えておくといいかも
「暗号通貨」誕生の歴史
ノアコインは初年度20% 複利で40年に渡って利子が付きます


プロが教える症状別のど飴の使い分け、覚えておくといいかも

2017年11月16日(木) エンタメ

1: 名無しダイエット 2017/11/15(水) 22:26:49
http://otakei.otakuma.net/archives/2017111504.html
「あさあめさん」の愛称で親しまれている、浅田飴公式ツイッター(@seki_koe_nodo)では、医薬品、医薬部外品、食品の3つに分けて説明。それぞれの違いを分かりやすく伝えてくれています。

no title

ちなみに、指定第2類医薬品である浅田飴には喘鳴を伴う咳、痰、のどの痛み・声がれ・腫れなどに効果効能が明確に示されています。
ドラッグストアなどの風邪薬コーナーに置いてありますので、どうにものどが痛いけどクリニックにかかる時間がなかなか取れないという人はまずこの「指定第2類医薬品」とされている薬用のど飴を使ってみるといいかもしれません。

 普段の予防や症状が軽い時のケアには医薬部外品ののど飴、乾燥予防や気分転換にはお菓子コーナーにあるのど飴、と使い分けてみましょう。



続きを読む


Source: 【リンク】ダイエット速報@2ちゃんねる

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。